FC2ブログ

2年目サンデーアーチャーが600を目指すブログ(笑)

サイト破損~

いやいや、なんかホントに久しぶり。

県大会の後も実は少しは練習出来てました。
2,3ヵ月の赤ん坊って昼夜の区別無く寝てばっかりなので
男はあまりすることも無く、スキを見て。
でもそれをすぎてからが結構大変で、冬はほとんど抜け出せず。
ようやく少し復活。でも思うには任せられず嫁さんの視線が厳しい。。。

さて、再開二日目。

サイトがはまらなくて、ぐいぐいやってたらエクステンションが曲がった!
うーん、ちょっと直せそうに無い。
今度は定番のSHIBUYA DualClickにしておこう。注文。

って今週末試合なのに~間に合うのか??

スポンサーサイト



県スポ


急な話ですが、県スポに出場する事になりました。
初めての公式試合です。


必要ない気もしますが、一応説明を・・・

「県スポ」は県民スポーツ大会の事で、各市郡のチーム対抗戦です。
各チーム最大7人までのメンバーで、得点を元に個人順位点を算出し、
その合計でチーム順位が決定されます。
個人順位は年代別クラス内にてつけられるので、7人のメンバーを
どのクラスに何人参加させるかがポイントです。


こんな大事な試合になぜ私が、、、と言うと、

単に人がいなくて枠が空いているから。(^_^;)



でも、さすがにぶっつけ本番というわけにもいかず、1ヶ月ぶりに練習。

案の定、調子はばらばら。翌日筋肉痛。

練習出来るのは今週末1回を残すのみ。大丈夫なのか・・・?



頭打ちになったのではない。

ここ最近スコアの伸びを感じられません。
頭打ちかなぁ・・・


ちょっとここで今までためていたスコアをグラフにしてみました。

100728ScoreGraph.png




やはり全体としては横ばいな印象。


でも50mの大崩れが少なくなったのはいい事かも。
30mも300を超える確率が高くなってきてるし。




最近お気に入りの「前向キング」のマネしてしめる事にします



  すばらしい。
  
  頭打ちになったのではない。
  打ち破らんとする過程なのだ。



うーん、イマイチ真似しきれていないなぁ・・・(ーー;)

矢が下がってしまう一つの要因



射ち始めは良かったのに、しばらくするとなぜか矢が下がってくるという
現象に悩まされるパターンが何日か続きました。

疲労で引けなくなってきたという感覚はなく、
押し手の落ち、緩み放れ、アンカー位置など気をつけてもダメ。
ストリングハイトも変わってないし、ノッキングポイントもレストも
特に異常はなさそう。

でも、どういうわけか50mで6時の青・黒あたりにまとまってしまう。
次の日になると何事も無かったかのように元に戻ってる。



さて、どうしたものか・・・・
何か意識できていない点で射形の崩れがあるような。。




そんな事を思いながら自宅でゴム引きしてて、
ふと気付いたのが
  
  「狙う事を意識するほど右目が下がるように顔が傾く?」



その週末、射場で試してみると結構簡単に再現。

普通に顔がまっすぐ立っている状態では問題無い高さに集まる状態で、
顔を意識的に右に傾けると大きく矢が下がりました。



実は以前、あごの引き加減の合わせ方についてはこのブログ内で
書きとめていました。
その時の結論は「あごの引き加減が少々違ってもあごと目は
同じように上下するので的中の高さへの影響は大きくない?」
というものでした。
実際に試してみてもさほど違いは出ませんでした。


しかし左右の傾きについては考えが足りてなかったようです。
改めて鏡の前で顔を右に傾けてみると、


「あごの高さは上がって、目の高さは下がる。」


という事は、
       
目とアンカーの高さ間隔が狭くなる
       ↓
アンカーの位置が上にずれる事と同じ
       ↓
発射角が小さくなって矢が下がる


うーん、結構大事なポイントだったようです。

しかし顔の傾きって意識してないと気付かないものですね・・・
今後はちゃんと気をつけるようにします。


##
逆に言うと、利き目が上がる方向の顔の左右の傾きは目とアゴが
両方とも上がる方向なので矢の高さへの影響は少ないのかも。
試してないですが・・


スコアシート右端の悲喜こもごも



アーチェリーのスコアは6本射つごとにその分を記録し、
記録は点数の高いものから順に左→右へと書いていきます。

こんな感じですね。
100505_ScoreSH552.png



射った瞬間の

「あっ」


とか


「やばっ」

とか


「やってまった~」


とか


悲劇はこのスコアシートの右端に集約されているというわけです。



逆に6射終わって、大きなミス無く、緊張から解放されつつシューティングラインから
戻るとき心地よい充実感というか達成感なんかもこの右端に現れてます。

自分の場合、50mで右端が7だと、

(*^_^*)


ってな感じです。





冷静に考えればこの「悲劇の右端」を少なくする事がスコアアップの一番の鍵なのです。
しかしこれがなかなか思うようにはいきません。


意識がこんな感じで無限ループするから。
  ・大きなミスをしないようなチェックポイントに気をつけて射ってる
      ↓
  ・だんだんまとまってくる
      ↓
  ・欲が出てもう少し精度を上げようとする
      ↓
  ・大きく外す
      ↓
   (最初に戻る)



「アーチェリーはメンタルコントロールが大事」とはよく言ったものです。



最新記事
プロフィール

78archer

Author:78archer

社会人になってからアーチェリーを始めました。初心者の視点でいろいろ書いていきたいです。
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブログリンク
アーチェリー関連のブログリンクです。
よろしければこちら↓からどうぞ。