FC2ブログ

2年目サンデーアーチャーが600を目指すブログ(笑)

矢が下がってしまう一つの要因



射ち始めは良かったのに、しばらくするとなぜか矢が下がってくるという
現象に悩まされるパターンが何日か続きました。

疲労で引けなくなってきたという感覚はなく、
押し手の落ち、緩み放れ、アンカー位置など気をつけてもダメ。
ストリングハイトも変わってないし、ノッキングポイントもレストも
特に異常はなさそう。

でも、どういうわけか50mで6時の青・黒あたりにまとまってしまう。
次の日になると何事も無かったかのように元に戻ってる。



さて、どうしたものか・・・・
何か意識できていない点で射形の崩れがあるような。。




そんな事を思いながら自宅でゴム引きしてて、
ふと気付いたのが
  
  「狙う事を意識するほど右目が下がるように顔が傾く?」



その週末、射場で試してみると結構簡単に再現。

普通に顔がまっすぐ立っている状態では問題無い高さに集まる状態で、
顔を意識的に右に傾けると大きく矢が下がりました。



実は以前、あごの引き加減の合わせ方についてはこのブログ内で
書きとめていました。
その時の結論は「あごの引き加減が少々違ってもあごと目は
同じように上下するので的中の高さへの影響は大きくない?」
というものでした。
実際に試してみてもさほど違いは出ませんでした。


しかし左右の傾きについては考えが足りてなかったようです。
改めて鏡の前で顔を右に傾けてみると、


「あごの高さは上がって、目の高さは下がる。」


という事は、
       
目とアンカーの高さ間隔が狭くなる
       ↓
アンカーの位置が上にずれる事と同じ
       ↓
発射角が小さくなって矢が下がる


うーん、結構大事なポイントだったようです。

しかし顔の傾きって意識してないと気付かないものですね・・・
今後はちゃんと気をつけるようにします。


##
逆に言うと、利き目が上がる方向の顔の左右の傾きは目とアゴが
両方とも上がる方向なので矢の高さへの影響は少ないのかも。
試してないですが・・


コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
プロフィール

78archer

Author:78archer

社会人になってからアーチェリーを始めました。初心者の視点でいろいろ書いていきたいです。
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブログリンク
アーチェリー関連のブログリンクです。
よろしければこちら↓からどうぞ。